准教授
河 炅珍
コミュニケーション論、メディア研究、パブリック・リレーションズ研究
Associate Professor
HA, Kyungjin
History and theory of communication, media studies, public relations studies

略歴Career

学歴
1. 2001-2006 梨花女子大学 言論弘報映像学部
2. 2006-2008 青山学院大学大学院 経営学研究科(修士課程)
3. 2008-2013 東京大学大学院 学際情報学府(博士課程)
4. 2015 博士学位取得(学際情報学)

経歴
1. 2015-2018 東京大学大学院 情報学環 助教
2. 2016-2018 立教大学 異文化コミュニケーション学部 兼任講師 
3. 2018- 現在 広島市立大学 広島平和研究所 准教授

Academic background
1. 2001-2006, School of Communication and Media, Ewha Womans University
2. 2006-2008, Graduate School of Business Administration (Master’s Course), Aoyama Gakuin University
3. 2008-2013, Graduate School of Interdisciplinary Information Studies(Doctoral Course), The University of Tokyo
4. 2015, Ph.D.(Information Studies)

Career
1. 2015-2018, Assistant professor, Interfaculty Initiative in Information Studies, The University of Tokyo
2. 2016-2018, Part-time Lecturer, College of Intercultural Communication, Rikkyo University
3. 2018.10-present, Associate Professor, Hiroshima Peace Institute, Hiroshima City University

研究テーマResearch Theme

私の専門は広くいえば社会学で、メディアとコミュニケーションを主眼においています。なかでもパブリック・リレーションズ(Public Relations 以下、PR)の理論と歴史を中心に研究を進めています。

PRは、日本では「広報」と訳され、企業をはじめとする組織の情報公開や、広告・プロモーションの一種と思われがちですが、本来は組織の社会的自我/アイデンティティを形成するために生まれた技術です。私たち人間のように、企業や政府、自治体、市民団体のような組織も社会的存在となるためには社会を構成する様々な他者から承認を受け、存在の正当性を証明していかなければなりません。その上では、自己と他者を結びつけるコミュニケーションが大事になりますが、現代社会ではこのコミュニケーションがメディアというプラットフォーム上で行われるため、PRもまた大衆社会やメディアと密接に関わりながら発展してきたわけです。

このようにPRは、自他関係をめぐる社会学の諸議論からはもちろん、それを生み出した社会や時代背景など、様々な切り口から探求できます。例えば、私は、20世紀アメリカと戦後日本を比較しながら、産業史・経営史をベースとしつつ、大衆メディア、世論と公衆、社会心理学、アメリカナイゼーションなどのキーワードから現代社会におけるPRの意味を問うています。

広島平和研究所に着任してからは、研究対象を企業のような営利組織(経済的主体)から自治体や市民団体のような非営利組織(政治的主体)まで広げ、PRのあり方を検討しています。その上でとくに注目しているのが文化外交、パブリック・ディプロマシーの分野です。また、広島という空間を手がかりに地域社会におけるPRの可能性も考えています。その一環として、広島平和研究所内で立ち上げたプロジェクト研究では広島東洋カープを軸とする文化共同体の歴史的形成を探りながら、企業と市民社会の関係性がいかに形づくられるかを研究しています。

詳しい業績は、Researchmap(https://researchmap.jp/ha_kyungjin)をご覧ください。

My specialty is sociology with a focus on media and communication. Specifically, I have been conducting research on public relations (PR) theory and history.

In Japan, it is translated as Kōhō (“public information”), which is considered to be the advertisements and information disclosures of companies. However, PR was originally invented as a technology to construct the social identity of organizations. Just as with individuals, organizations such as corporation, local governments and civic groups seek approval by the various segments that make up society, and in doing so they configure themselves as an important part of society. In this socialization, communication that connects oneself with the other is important. In modern society, communication generally takes place through the media, therefore PR has developed closely in relationship with the media industry.

PR can be explored, not only through sociological theories such as self-other relationships, but also from various perspectives inspired by historical invention. For example, I have been conducting research on keywords such as: 20th century American society, mass society, media society, public opinion and public, social psychology, postwar Japan, Americanization, industrial and business history.

After joining the Hiroshima Peace Institute (HPI) in 2018, I expanded my research scope from commercial organizations such as companies (economic entities) to non-profit organizations (political entities) such as local governments and civic groups, to examine the expansion of public relations into cultural diplomacy and public diplomacy. I am also interested in public relations’ role in the local community. One of my research topics explores the historical formation of the cultural community centered on the Hiroshima Toyo Carp, focusing on how the relationship between corporations, commercial sports teams and civil society are shaped. 

Please visit my researchmap page (https://researchmap.jp/ha_kyungjin) for more details on my achievements. 

大学生の皆さんへMessage to Students

私たちが生きている現代社会はメディア社会であり、あらゆるコミュニケーションが個人同士の親密圏やドメスティック・レベルを越えてグローバル化しています。世界各国の政府や国際機関はもちろん、企業や市民団体のような組織もまた、地球規模に広がる情報のネットワークのなかでそれぞれの存在意義をアピールし、世論を味方につけようと様々な活動に取り組んでいます。私が研究しているPRもその一つです。

さて、このような環境においては、私たち一人一人がメディアやコミュニケーションに対するリテラシーを持つことがとても大事です。情報コンテンツのオーディエンス/消費者であるだけでなく、その監視者であり、生産者/クリエイターでもあることを自覚し行動することが重要です。さらに、平和学研究科で学ぶ皆さんには、平和の創造と維持につながるメディアやコミュニケーションの役割を批判的に理解し、グローバリゼーションとともに文化や他者が多様化する問題に鋭敏に反応することを期待しています。

大学院は、各自が生活のなかで感じてきた問題を「仮説」として抽出し、具体的な「対象」に向けて適切な「方法」を用いて検証し、最終的に論文としてまとめる、総合的な知の活動を提供する場でもあります。ぜひ、この「場」を活用し、オリジナルな理論・方法論を探求しながら、平和研究の広がりと可能性を実感してみてください。

The modern society in which we live is also a media society. Communication is globalized beyond the close range of individuals and the domestic level. Not only governments around the world, but also corporations, civil society, and international organizations are engaged in various activities to promote their existence, and to cultivate positive public opinion in the globalized network. PR, a key focus of mine, is one of those kinds of activities. 

To live in this era it is necessary for us to have “literacy” in media and communication. It is important to be aware that we are not only an audience/consumer of information, but also an observer and a producer/creator. I expect from the students who study at the Graduate School of Peace Studies (GSPS) to critically understand the role of media communication that is indispensable for the creation and maintenance of peace, and be keenly responsive to the diverse spectrum of cultures and others.

The graduate school provides comprehensive educational training. First, determine the problems that have been experienced in everyday life to form hypotheses, then, clarify it using appropriate methods for specific objects, and finally summarize it in a dissertation. GSPS is one of the best places to learn these processes. I would like you to explore original theories and methodologies while enjoying the breadth and potential of peace studies. Welcome all of you.

主な研究プロジェクトResearch Projects

詳しい業績等