出版物 Publications

広島平和研究所では最新の研究成果を発表する「学術メディア」としてはもちろん、市民社会にメッセージを発信する「広報メディア」として、三つの定期刊行物を発行しています。広島平和研究所・大学院平和学研究科における研究・教育活動を紹介するニューズレター『HIROSHIMA RESEARCH NEWS』、平和研究に関する学術論文を掲載する研究紀要『広島平和研究』、国際シンポジウムや連続市民講座などの講演内容を収録する『広島平和研究所ブックレット』はいずれも紙媒体による印刷物とデジタルデータの両方で公開しています。

The HPI produces three periodicals, HIROSHIMA RESEARCH NEWS, Hiroshima Peace Research Journal and HPI Booklet to disseminate the research outcomes and academic activities of the Institute and the Graduate School of Peace Studies, all of which are published both in print and web versions. 

ニューズレターNewsletter

広島平和研究所が設立された1998年から現在まで、日英両言語で、年に2回程度発行しているニューズレターです。8頁構成で、研究所主催のイベントや教員論考、外部識者による平和関連のコメンタリーなどを掲載しています。巻末には教員の活動日誌も収められています。

The HPI newsletter HIROSHIMA RESEARCH NEWS has been published twice a year in both English and Japanese since the establishment of the HPI in 1998. It is composed of eight pages with reports on the HPI’s academic events, articles by our researchers, and peace-related commentaries by outside experts. The diary on the last page lists recent activities of our researchers.

第24巻2号(通巻61号)2022年3月発行

「平和」を目指すあらゆる活動に門戸を開こう
――広島平和研究所の歩みと存在意義 (水本 和実)
フランス人がみた小野田元少尉(永井 均)
原爆と故郷(四條 知恵)
アフガニスタン情勢とロシア(加藤 美保子)
戦争から平和へ(梅原 季哉)
新刊紹介
『アジアの平和とガバナンス』(吉川 元)
『Nuclear Bodies: The Global Hibakusha』(ロバート・ジェイコブズ)
活動日誌

Vol. 24 No. 2 (March 2022)

Open the Door to Every Activity That Strives to Realize "Peace"
Hiroshima Peace Institute's History and Raison d'Etre (Kazumi Mizumoto)
Former Lieutenant Onoda Seen from a French Perspective (Hitoshi Nagai)
The Atomic Bombing and My Home Town (Chie Shijo)
Afghanistan Situation and Russia (Mihoko Kato)
From War to Peace (Toshiya Umehara)
"Peace and Governance in Asia" (Gen Kikkawa)
"Nuclear Bodies: The Global Hibakusha" (Robert Jacobs)
Diary

紀要Journal

「平和」の研究・実践に関する学術的論考(日本語または英語)を国内外から公募し掲載する研究紀要を、年に1回、毎年3月に発行します。巻頭エッセイ「平和研究の窓」、「特集論文」、自由論題の「独立論文」および「研究ノート」と「書評」から構成されています。

This journal publishes peer-reviewed academic articles on research and activities concerning Peace, either in Japanese or English, presenting papers from home and abroad. It is published once a year in March. The contents include an opening essay entitled “A Window into Peace Studies,” and academic papers including Special Features, Research Articles, Research Notes, and Book Reviews. 

第9号 2022年3月18日

〈平和研究の窓〉
Editorial Note (Narayanan Ganesan) 7
Down a Tortuous Road to Hiroshima: An Autobiographical Essay (Haruhiko Fukui) 11

〈特別寄稿〉
私の問題意識の変遷――広島での研究生活で気づいたこと(水本和実)19
水本和実教授 略歴および研究業績 23

〈特集論文 核技術と核兵器〉
原子力民生利用と核不拡散――核不拡散条約(NPT)50年の課題と展望(鈴木達治郎)31
冷戦初期における米国の対中核威嚇について――「通常兵器化」の試みと不使用規範の相克(梅原季哉)49
北朝鮮の核と非核化――核研究の観点からの再考察(金聖哲)69
「被爆体験の継承」と文書資料――広島市における各施設が抱える課題(四條知恵)93
Bridge-Building Between Two Morals Toward a Common Goal: Words of Popes and U.S. Presidents (Nobumasa Akiyama) 115
Learning the Wrong Lessons from Hiroshima: US Nuclear Testing in 1946 (Robert Jacobs) 129
The Kazakhstan-Japan Nuclear Nexus: Ideas, Norms, and Identities (Almas Dissyukov) 151

〈独立論文〉
経済協力理念としてのマニラスピーチ(井原伸浩) 179
広島平和記念都市建設法の立案過程(森上翔太)199
「カープ女子」という現象――広島東洋カープとファン/共同体に関する考察(河炅珍)225

〈書評〉
ベッティーナ・シュタングネト著(香月恵里訳)『エルサレム<以前>のアイヒマン――大量殺戮者の平穏な生活』(石黒要)247

第10号(2022年度)の投稿の募集について 252
投稿規程 254
審査規程 256
編集後記

HPI Journal Vol 9

< A Window into Peace Studies >
Editorial Note (Narayanan Ganesan) 7
Down a Tortuous Road to Hiroshima: An Autobiographical Essay (Haruhiko Fukui) 11

< Special Addition >
Transition of Awareness: My Experience as a Researcher in Hiroshima (Kauzmi Mizumoto) 19
Curriculum Vitae of Prof. Kazumi Mizumoto 23

< Special Feature: Nuclear Technology, Weapons, and Related Issues >
Civil Use of Nuclear Energy and Nuclear Non-proliferation: Issues and Prospects of the NPT at 50(Tatsujiro Suzuki)31
On Nuclear Threats by the US Against China During the Early-Cold War: Attempts of "Conventionalization" and Their Irreconcilability with Norms of Nuclear-Non-Use (Toshiya Umehara) 49
North Korean Nuclear Weapons and Denuclearization (Sung Chull Kim) 69
"Inheritance of the Atomic Bomb Experiences" and Documentary Materials: Issues Faced by Facilities in Hiroshima City (Chie Shijo) 93
Bridge-Building Between Two Morals Toward a Common Goal: Words of Popes and U.S. Presidents (Nobumasa Akiyama) 115
Learning the Wrong Lessons from Hiroshima: US Nuclear Testing in 1946 (Robert Jacobs) 129
The Kazakhstan-Japan Nuclear Nexus: Ideas, Norms, and Identities (Almas Dissyukov) 151

< Research Article >
The Manila Speech as Ideas for Economic Cooperation (Nobuhiro Ihara) 179
The Drafting Process of the Hiroshima Peace Memorial City Construction Act (Shota Moriue) 199
The "Carp Jyoshi" Phenomenon: A Study of the Hiroshima Toyo Carp and Fan Community (Kyungjin Ha) 225

< Book Review >
Bettina Stangneth, Erusaremu <izen> no aihiman [Eichmann Before Jerusalem] (Kaname Ishiguro) 247

Call for Papers for the Issue AY2022 (Volume 10) 252
Submission Guidelines 254
Regulation for Evaluating the Manuscripts 256
Editorial Note

※個別論文のPDFは、本学のリポジトリでも入手可能です

ブックレットBooklet

毎年3月に発行されるブックレットは、広島平和研究所が主催する国際シンポジウムや連続市民講座の講演内容をもとにした論稿を掲載しています。専門家や研究者はもちろん、一般の方にも分かりやすい内容となっており、平和研究の入門となるシリーズです。

The HPI booklet series consists of articles based on presentations and lectures given at the International Symposia and Public Lecture Series. The booklets are a good introduction to research activities at the HPI, which are suitable not only for specialists but also for beginners such as teenagers and adult learners.

広島平和研究所ブックレットVol.7

目次 Table of Contents
はじめに 
第I部 核兵器と反人道罪のない世界へ
 第1章 暴力の連鎖を断ち切るために――国際刑事裁判所(ICC)の使命と役割(尾﨑久仁子) 3
 第2章 核兵器の非人道性とその規制について《講演録》(平岡 敬) 27
 第3章 人道に対する犯罪・戦争犯罪と核兵器――国際法から読み解く(真山 全) 41
 第4章 「命の尊厳」を守る――国連は反人道罪にどう対処してきたか(望月康恵) 81
 第5章 武力紛争と反人道罪の予防――現場での実践と私たちにできること《講演録》(瀬谷ルミ子) 103
第Ⅱ部 アジアの平和とガヴァナンス
 第6章 グローバル・ガヴァナンス・システムとは?――二一世紀の国際秩序をマルチセクターの協働で作るビジョン(大芝 亮) 119  
 第7章 地球環境問題とグローバル・ガヴァナンス(沖村理史) 137
 第8章 安全保障共同体の現状と課題(吉川 元) 161
 第9章 東アジアの軍事・核ガヴァナンスの障害(孫 賢鎮) 189
 第10章 国際連合による集団安全保障制度の理論と実際――アジアの事例を主な素材として(佐藤哲夫) 211