出版物 Publications

広島平和研究所では最新の研究成果を発表する「学術メディア」としてはもちろん、市民社会にメッセージを発信する「広報メディア」として、三つの定期刊行物を発行しています。広島平和研究所・大学院平和学研究科における研究・教育活動を紹介するニューズレター『HIROSHIMA RESEARCH NEWS』、平和研究に関する学術論文を掲載する研究紀要『広島平和研究』、国際シンポジウムや連続市民講座などの講演内容を収録する『広島平和研究所ブックレット』はいずれも紙媒体による印刷物とデジタルデータの両方で公開しています。

The HPI produces three periodicals, HIROSHIMA RESEARCH NEWS, Hiroshima Peace Research Journal and HPI Booklet to disseminate the research outcomes and academic activities of the Institute and the Graduate School of Peace Studies, all of which are published both in print and web versions. 

ニューズレターNewsletter

広島平和研究所が設立された1998年から現在まで、日英両言語で、年に2回程度発行しているニューズレターです。8頁構成で、研究所主催のイベントや教員論考、外部識者による平和関連のコメンタリーなどを掲載しています。巻末には教員の活動日誌も収められています。

The HPI newsletter HIROSHIMA RESEARCH NEWS has been published twice a year in both English and Japanese since the establishment of the HPI in 1998. It is composed of eight pages with reports on the HPI’s academic events, articles by our researchers, and peace-related commentaries by outside experts. The diary on the last page lists recent activities of our researchers.

第23巻1号(通巻59号)2020年9月発行

コロナ時代の日本国憲法と民主主義 (河上暁弘)
コロナと朝鮮半島 (孫 賢鎮)
中国と新型コロナウィルス感染症 (徐 顕芬)
トランプ現象と炭鉱のカナリヤ (吉川 元)
ミャンマーにおける民族和平プロセス (ナラヤナン・ガネサン)
第7 回小田滋賞受賞について (小杉拓己)
平和教育の新しい試み――スマホでつくる平和のPR 動画 (河 炅珍)
活動日誌 (全員)
ウェブサイトのリニューアルについて (河 炅珍)

Vol. 23 No. 1 (September 2020)

The Constitution of Japan and Democracy in the COVID-19 Era (Akihiro Kawakami)
COVID-19 and the Korean Peninsula (Hyun Jin Son)
COVID-19 in China (Xianfen Xu)
The Trump Phenomenon and a Canary in a Coal Mine (Gen Kikkawa)
The Ethnic Peace Process in Myanmar (Narayanan Ganesan)
Sharing the Pleasant News of Receiving an Award (Takumi Kosugi)
A New Attempt at Peace Education: Making Peace PR Videos on Smartphones (Kyungjin Ha)
Diary (All)
Renewal of HPI Website (Kyungjin Ha)

紀要Journal

「平和」の研究・実践に関する学術的論考(日本語または英語)を国内外から公募し掲載する研究紀要を、年に1回、毎年3月に発行します。巻頭エッセイ「平和研究の窓」、「特集論文」、自由論題の「独立論文」および「研究ノート」と「書評」から構成されています。

This journal publishes peer-reviewed academic articles on research and activities concerning Peace, either in Japanese or English, presenting papers from home and abroad. It is published once a year in March. The contents include an opening essay entitled “A Window into Peace Studies,” and academic papers including Special Features, Research Articles, Research Notes, and Book Reviews. 

第7号 2020年3月20日

〈平和研究の窓〉
 負の遺産の保存と継承 (藤本黎時) 5

〈特集論文 アジアの安全保障〉
 The Emerging Security Landscape in Southeast Asia (Narayanan GANESAN) 25
 The Regional Security System in East Asia: The Dilemma of the US-Japan Security Alliance(吉川 元) 43

〈独立論文〉
 残留日本兵とメディア――小野田寛郎元少尉の帰還をめぐって (永井 均) 61
 戦後日本における「平和国家」・「平和憲法」論の形成――戦後直後における知識人の平和論を中心に(河上暁弘) 93

〈特別報告〉
 Martin Niemöller and the History of Anti-Nuclear Pacifism in the Federal Republic of Germany, 1950-1984 (Benjamin ZIEMANN) 117
 日朝学生交流にみる北朝鮮の学生たちの変化 ――「南北コリアと日本のともだち展」の取材ノートより (渡辺夏目) 133

〈書評〉
 山崎雅弘著『歴史戦と思想戦――歴史問題の読み解き方』集英社新書、2019年 (上村英明) 159
 マーク・カプリオ著『植民地朝鮮における日本の同化政策 1910~1945年』 クオン、2019年 (髙橋優子) 165

投稿規程及び審査規程 170
編集後記

HPI Journal Vol 7

< A Window into Peace Studies >
 Preservation and Progression of the Unfavorable Legacy of Past Deeds(FUJIMOTO Reiji) 5

< Special Feature: Security in Asia >
 The Emerging Security Landscape in Southeast Asia(Narayanan GANESAN) 25
 The Regional Security System in East Asia: The Dilemma of the US-Japan Security Alliance(KIKKAWA Gen) 43

< Research Article >
 Japanese Army Stragglers and the Media: The Return of Former Lieutenant Hiroo Onoda from the Philippines(NAGAI Hitoshi) 61
 Formation of “Peace Nation” and “Peace Constitution”: Theories in the Post-War Japan(KAWAKAMI Akihiro) 93

< Special Report >
 Martin Niemöller and the History of Anti-Nuclear Pacifism in the Federal Republic of Germany, 1950-1984(Benjamin ZIEMANN) 117
 Changes of Attitudes of North Korean Students in the Students Exchange Program between Japan and North Korea(WATANABE Natsume) 133

< Book Review >
 Masahiro Yamazaki, War of History and War of Thought(UEMURA Hideaki) 159
 Mark Caprio, Japanese Assimilation Policies in Colonial Korea, 1910-1945(TAKAHASHI Yuko) 165

Author Guidelines 170
The Editor’s Notes

ブックレットBooklet

毎年3月に発行されるブックレットは、広島平和研究所が主催する国際シンポジウムや連続市民講座の講演内容をもとにした論稿を掲載しています。専門家や研究者はもちろん、一般の方にも分かりやすい内容となっており、平和研究の入門となるシリーズです。

The HPI booklet series consists of articles based on presentations and lectures given at the International Symposia and Public Lecture Series. The booklets are a good introduction to research activities at the HPI, which are suitable not only for specialists but also for beginners such as teenagers and adult learners.

広島平和研究所ブックレットVol.7

目次 Table of Contents
はじめに 
第I部 核兵器と反人道罪のない世界へ
 第1章 暴力の連鎖を断ち切るために――国際刑事裁判所(ICC)の使命と役割(尾﨑久仁子) 3
 第2章 核兵器の非人道性とその規制について《講演録》(平岡 敬) 27
 第3章 人道に対する犯罪・戦争犯罪と核兵器――国際法から読み解く(真山 全) 41
 第4章 「命の尊厳」を守る――国連は反人道罪にどう対処してきたか(望月康恵) 81
 第5章 武力紛争と反人道罪の予防――現場での実践と私たちにできること《講演録》(瀬谷ルミ子) 103
第Ⅱ部 アジアの平和とガヴァナンス
 第6章 グローバル・ガヴァナンス・システムとは?――二一世紀の国際秩序をマルチセクターの協働で作るビジョン(大芝 亮) 119  
 第7章 地球環境問題とグローバル・ガヴァナンス(沖村理史) 137
 第8章 安全保障共同体の現状と課題(吉川 元) 161
 第9章 東アジアの軍事・核ガヴァナンスの障害(孫 賢鎮) 189
 第10章 国際連合による集団安全保障制度の理論と実際――アジアの事例を主な素材として(佐藤哲夫) 211

Vol. 7 (March 26, 2020)