WEB開催 2021年度 連続市民講座「広島発の平和学」視聴申込ページ Public Lecture Series on the Web AY2021: Application Page

English Below

 広島市立大学広島平和研究所は、2021年8月に『広島発の平和学』を出版いたしました。それを記念し今年度の連続市民講座は、広島平和研究所の研究員5名が各自の専門分野における研究成果を報告いたします。
 講義は録画された動画を視聴していただく形式です。各回の内容、申込方法をご覧の上、是非お申し込みください。

講座名 広島発の平和学

開催形式:ライブ配信ではありません。視聴申込された方は、各回、1週間限定で講義を視聴できます。
各回の講義は約60分です。
■定員:500名
■受講料:無料
■申込締切:2021年12月21日(火)17:00

※通訳や翻訳の提供はありませんので、各回の使用言語をご確認ください。
 お申し込みいただいた方は、ご希望の回のみの視聴も可能です。
※ライブ配信ではありませんので、質疑応答の時間はありません。
※本講座に関して、許可なく、録音・録画・撮影・保存・公開・拡散することを禁じておりますので、ご承知おきください。

各回の視聴期間/内容/使用言語

 第1回 1/7(金)~1/13(木)
 『原爆と新聞報道』(日本語のみ)
 四條 知恵 / 広島平和研究所准教授

原子爆弾投下直後の1か月は、その後の76年間の中で、新聞報道の姿勢が最も大きく揺れ動いた時期でもありました。『長崎新聞』を事例に、原爆被害がどのように報じられたのかを辿ります。

 第2回 1/14(金)~1/20(木)
 『憲法9条と核兵器』(日本語のみ)
 河上 暁弘 / 広島平和研究所准教授

憲法9条と核兵器の関係について考察します。とくに、政府は、憲法上、自衛のための必要最小限度の核兵器ならば保有も使用も可能と応答してきましたが、その論理と「安保法制」後の変化について考えたいと思います。

 第3回 1/21(金)~1/27(木)
 『広島と平和――「当たり前」を見直そう』(日本語のみ)
 水本 和実 / 広島平和研究所教授

広島といえば平和教育、平和学習というほど、平和を学ぶ人々にとって、広島は特別の意味を持っています。当たり前に見られている広島と平和の関係を、もう一度見直すことで、現代世界における新たな平和の意味を考えてみたいと思います。

 第4回 1/28(金)~2/3(木)
 『The February 2021 Military Coup in Myanmar:
 Its Impact on Domestic Politics and Foreign Policy』(英語のみ)
 ナラヤナン・ガネサン / 広島平和研究所教授

2021年2月に発生したクーデターにより、ミャンマーは国民民主連盟から軍事政権である国家行政評議会へ政権交代しました。多くの政治的暴力が行われ、国際的な懸念と厳しい非難を呼んでいるミャンマー情勢を考察します。

 第5回 2/4(金)~2/10(木)
 『The History of the Global Hibakusha』(英語のみ)
 ロバート・ジェイコブズ / 広島平和研究所教授

1945年以降、2000を超える核実験および事故などにより何百万人もの人が放射線に被曝してきました。世界に広がるグローバルヒバクシャや、冷戦期以降の放射線関連の健康問題および社会的負の遺産について概観します。

講師紹介

各回の講師につきましては、以下のページをご参照ください。
広島平和研究所教員一覧

申込方法 

1.申込フォーム(外部リンク)に、必要事項をご記入ください。

2.広島平和研究所事務室からのメール
お申し込み後、1週間以内に視聴に必要な情報をEメールでお知らせします。

※Eメールが届かない場合は、申込時のメールアドレスに入力ミスが考えられますので、大変お手数ですが、再度お申し込みをお願いいたします。
※参加申込後は、キャンセルの場合もご連絡は不要です。

申込締切:2021年12月21日(火)17:00


お問い合わせ
広島市立大学広島平和研究所事務室
 
E-mail:office-peace&m.hiroshima-cu.ac.jp

※E-mailを送付されるときは、&を@に置き換えて利用してください。


HPI Online Public Lecture Series on YouTube

A Hiroshima Approach to Peace Studies

The Hiroshima Peace Institute (HPI) at Hiroshima City University published A Hiroshima Approach to Peace Studies in August 2021. To commemorate the publication, five researchers at the HPI will present a series of talks focusing on intriguing topics in their fields of expertise in the HPI Online Public Lecture Series.

Please see the contents below, and register for our upcoming online lectures!

January 7th – February 4th, 2022 (Fri)
One week/each session

■Capacity: 500 people   ■Fee: Free   ■Lecture: 60 minutes

All lectures will be recorded and made available on YouTube for a week for those who have signed up. Registration is open to all interested applicants. Please note that the first three lectures will be conducted only in Japanese. Once you sign up, you can view the lectures you choose. Deadline for application is December 21, 2021.

※Please note that you are prohibited from recording, reproducing or posting these course videos in any form without express, written permission.

<Availability / Contents / Language>

1st week: Jan. 7 (Fri) - Jan. 13 (Thu)
“Atomic Bomb Damage and Newspaper Coverage” (Japanese)
Chie Shijo, Associate Professor at HPI


The month immediately after the atomic bomb was dropped was the time when the attitude of Japanese newspaper coverage was the most shaken in the subsequent 76 years. This lecture traces how the damage caused by the atomic bomb was reported, using the Nagasaki Shimbun for examples.  

2nd week: Jan. 14 (Fri) - Jan. 20 (Thu)
“Nuclear Weapons and the Constitution of Japan, Article 9” (Japanese)
Akihiro Kawakami, Associate Professor at HPI


The Japanese government essentially maintained its policy that nuclear weapons should be permitted for self-defense within a minimum necessary range under Article 9. This lecture will examine the concrete contents of this logic, a recent change of the Japanese Government’s policy, and the relationship of Article 9 of the Japanese Constitution with the nuclear weapons.         

3rd week: Jan. 21 (Fri) - Jan. 27 (Thu)
“Hiroshima & Peace Studies: To Review the Stereotypic Relationship” (Japanese)
Kazumi Mizumoto, Professor at HPI


When it comes to peace education, Hiroshima is always mentioned as if the city is given a special meaning. In this lecture, the relationship between Hiroshima and Peace, an obvious matter of importance for the majority of people, will be reviewed to explore the new meaning of peace in the contemporary world.         

▶4th week: Jan. 28 (Fri) - Feb. 3 (Thu)
“The February 2021 Military Coup in Myanmar: Its Impact on Domestic Politics and Foreign Policy” (English)
Narayanan Ganesan, Professor at HPI


The February 2021 military coup displaced then ruling party in Myanmar, the National League for Democracy, and replaced it with a military council. The coup that has led to much political violence domestically, and regional and international concern and condemnation will be examined in this lecture.  

5th week: Feb. 4 (Fri) - Feb. 10 (Thu)
“The History of the Global Hibakusha” (English)
Robert Jacobs, Professor at HPI


Millions of people have been exposed to radiation since 1945 from more than 2000 nuclear weapon tests, nuclear production and accidents. This lecture will detail the history of these “Global Hibakusha,” and discuss the health and social legacies of radiation exposures in and after the Cold War.

Information on the lecturers
Faculty members of the Hiroshima Peace Institute

How to participate

Application:
Please fill in the application form.

Confirmation email from the Hiroshima Peace Institute office:
Within a week, we will inform you via email of the information to view the YouTube.

*If you do not receive an email from the Hiroshima Peace Institute in a week, your email address in the application form maybe wrong. Please fill in the application form and send it again.

Deadline for application: December 21, 2021


Contact:
Secretariat, Hiroshima Peace Institute, Hiroshima City University
E-mail: office-peace&m.hiroshima-cu.ac.jp

(*Please replace & with @)